「住宅ローンの支払い増額」で実現する節約術:100万円以上の残高削減が可能!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
住宅ローンの見直し

この記事は約 8 分で読めます。

こんにちは、桐生(きりゅう)です。

住宅ローンの総支払い額を減らす一般的にな方法として繰り上げ返済が知られていますが、これにはそれなりの資金が必要です。

しかし、最近は大企業を中心に収入が増加しており、家庭の財政にも余裕が生まれています。
このような状況を踏まえると、返済額を少しずつ増やすことは、有効な手段。
この方法なら、繰り上げ返済のように総返済額を削減し、返済期間を短縮することが可能です。
そして、状況によっては、総支払い額を100万円以上減らすこともできる方法なのです!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

初期資金がなくても可能です!

通常、住宅ローンの返済は一定額が基本ですが、選択肢の一つに繰り上げ返済があります。
この方法では100万円の繰り上げ返済で大きな節約が見込めますが、その分の初期資金(現金)が必要となります。

しかし、今回ご紹介する「返済額の増額」では、初期資金は必要ありません。収入の増加に応じて、少額から返済額を増やすことができます。

例えば、現在の毎月の返済額が8万円であれば、収入が増えたことにより、月額5,000円の増額が可能なケースも考えられます。
この追加分を返済に充てることで、返済期間の短縮と利息の削減が実現できます。

この方法により、総返済額が減少すると同時に、返済期間も短縮されるため、精神的な安心感を得ることができます。
さらに、収入の増加に伴い、複数回の返済額の増額を行うことで、総計数百万円の節約が可能になり、返済期間を数年短縮することも夢ではありません。

具体的な計算例を見てみましょう。

3000万円を1%の金利で35年間で借り入れた場合、毎月の返済額は約84,685円。
この額を毎月約5,000円増やして約89,479円にすると、返済期間を約2年短縮することができます。
この短縮により、支払うべき利息を大幅に削減でき、結果的に総支払額を減らすことができるのです。

 

1万円以上の増額で約100万円の節約が見込めます

スポンサーリンク

住宅ローンの毎月の返済額を大きく増やすことで、節約効果も大きくなります。
たとえば、3000万円の住宅ローンを3年間返済した後に、毎月の返済額を約1万3000円増額し、約10万円にすると、次のような効果が得られます。

この場合、返済期間を5年短縮でき、その結果約508万円の支払い削減が可能になります。
一方で、返済額の増加によって約432万円の追加支払いが生じますが、トータルで76万円の節約が実現します。

返済額を大幅に増やすことで、節約額も大きくなるため、家計を見直し、実行できる範囲でチャレンジすることがおすすめです。

76万円の節約は非常に魅力的であり、返済期間を5年も短縮できるのは、さらに大きなメリットです。
この方法を2回行えば、計画よりも10年も早く住宅ローンの完済が可能になります。

金利の上昇により、返済効果がさらに向上

住宅ローンの返済額を増やす際の効果は、現在の金利に大きく左右されます。
現在のような1%程度の低金利環境下では、毎月1万円以上の返済額を増やしても、節約できる金額は一般的に100万円未満に留まります。
しかし、金利が2%や3%へ上昇した場合、節約効果は格段に増大!

たとえば、金利が3%の場合に毎月の返済額を5000円増額した場合、節約できる金額は112万円にも達する見込みです。
これは、金利1%の時の30万円の効果と比較すると約3.7倍に増加!

さらに、毎月の返済額を約1万3000円増やした場合、節約できる金額は275万円にまで拡大します。
なんと約9.2倍の効果が!!
住宅ローンを利用する際には、金利の動きに注意し、将来的な金利上昇の可能性も考慮に入れることが大切です。

 

返済額の早期増額が効率的ですが注意点も!

住宅ローンの返済額を増やす際の効果は、金利の差だけでなく、実行する時期やローンの残高によっても大きく異なります。
返済額を早期に増額するほど、ローンの支払総額の節減効果は顕著になります。

例えば、3000万円を金利1%で35年の元利均等返済で借り入れた場合、3年後に毎月約1万3000円を増額すると、返済期間を5年短縮し、約76万円の節約が可能です。
しかし、10年が経過した後に同じ増額を行った場合、返済期間の短縮は約4年にとどまり、節約額も約48万円に減少します。
このように、返済額を早く増やすことで、より大きな節約効果を得ることができます。

また、借入額が3000万円から5000万円に増えると、毎月の返済額は約14万1142円になります。
3年後に2年の返済期間を短縮するためには、返済額を約14万9131円に、約8000円増やす必要が。
これにより、総支払額は約288万円増加しますが、それによって約339万円の支払い削減が可能となり、結果的に約51万円の節約となります。

金利が高いローンや借入額が大きいローンを優先して返済額を増やすことで、総支払額を抑え、早期完済につながる可能性が高まります。

しかし、金融機関によっては、返済額の増額に際して様々な条件が設けられており、手数料が必要な場合もあります。
そのため、実行する前には自分が利用している金融機関の条件をしっかりと確認し、最も効果的な方法を選択することが重要。

また、単に早く返済額を増やせばよいという話ではなく、考慮に入れなければならないことに住宅ローン減税の存在があります。
この効果は住宅ローンの残高によって控除される所得税と住民税が変わってくるので、住宅ローン減税がある期間内では損をしてしまう事があるかもしれません。

返済額の増額や繰り上げ返済の手数料や条件を事前に調べ、住宅ローン減税の効果を鑑みながら、比較検討することがお勧めです。
これにより、自分に最適なローンプランを選択する助けとなります。

 

まとめ

住宅ローンの返済額を増やすことによって節約する方法について詳しく解説しています。
一般的には、繰り上げ返済が節約のための手段として知られていますが、これには初期投資が必要です。
それに対して、収入の増加を利用して徐々に返済額を増やす方法では、初期資金が必要なく、返済期間の短縮や利息の削減が可能です。

ポイントは返済額を増やすタイミングが非常に重要であるということです。
返済額を早期に増額するほど、その効果は顕著になります。
特に、借入額が大きいローンや金利が高いローンを優先して返済額を増やせば、より大きな節約効果が期待できます。
また、その時には住宅ローン減税の存在も忘れないように。0
金融機関によっては返済額の増額に関する条件が異なるため、実行する前に条件を確認し、最も効果的なプランを選択することが重要です。

住宅ローンを検討している方は、返済額の増額や繰り上げ返済の条件を事前に調べ、比較検討することをお勧めします。
これにより、返済期間の短縮や総支払額の削減などのメリットを最大限に活用し、金融的な負担を軽減しながら効率的に住宅ローンを管理することができます。
結論として、返済額を増額することは、初期資金が限られている人々にとって、返済期間の短縮と利息の削減を同時に達成する、非常に効果的な手段です。

 

あなたが心から
「この選択をして良かった」
と思える未来を迎えることを心から願っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
住宅ローンの見直し
桐生をフォローする
~バイマイホーム~ 家を買うとは家族の帰る場所をつくること