スポンサーリンク

住宅ローンでクレジットカードのキャッシング枠は解約すべき?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事は約 8 分で読めます。

こんにちは、桐生(きりゅう)です。

 

クレジットカードのキャシング枠は、
住宅ローンの審査に影響があると言われています。

 

住宅ローンの借入時に、
他の借入を行っていれば、
確実に借り入れできる額は減ります。

この借入は、
教育ローンや自動車ローン、スマホなどの割賦購入の残債なども
含みます。

中には実際に借入をしていなくても、
クレジットカードのキャッシング枠があるだけで、
減額される場合もあります。

 

それでは、
実際にあなたはいくらお金を借りれるのでしょうか?

あなたが借りれるお金の上限を「与信」と言います。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

与信とはなんだ?

 

借入の上限を決定する考え方に、
「与信」というものがあります。

与信とは、「信用を与えること」です。

 

ここでいう与信とは、
この位のお金なら確実に返せるので貸してください
ということを第三者が評価することです。

信用を「与える」と言いながら自己申告では無いんですよね。

 

そして、この評価基準は金融機関ごとに違います。

一般的には、

  • 個人事業主や中小企業よりも大企業に勤務している
  • 年収が高い
  • 勤務期間が長い

という方が与信枠が大きいと言われています。

注意しないといけないのは、
この与信はその人個人に対しての評価になります。

 

仮に与信枠が3,000万円あるとします。
他に借入がなければそのまま3,000万円を借入出来ますが、
自動車ローンや教育ローン、スマートフォンの割賦などがあると、
その与信枠から減額されていきます。

これらは、
他の金融機関にお金を借りて商品を購入している
とみなされています。

 

新たにお金を貸す金融機関にとっては、
その分を考慮しないと、いたずらにリスクが高くなってしまうのです。

 

不動産仲介業者もこのあたりは気にしており、
住宅ローンの仮審査の申込時には必ず
「他に借入はありませんか?」
と聞かれます。

 

私の場合はスマホの割賦だけだったのですが、
「必要であれば一括で返済できますか?」
とも聞かれました。

当時のスマホの残債は3万円位だったと記憶しています。
その程度の事でも気にする必要があるのが、
「与信」というものです。

 

スポンサーリンク

 

キャシング枠はなぜ審査に影響があると言われるのか

 

この「与信」を判断するのは金融機関です。

そして、
どの金融機関が、
どんな審査基準をもっており、
誰がいくら借りれる
というのは、明確には分かりません。

 

分からないからこそ、
影響がある『可能性』があると言えるのです。

 

キャッシングにをして借入がある場合、
確実に与信に影響があるので、
住宅ローン審査ではマイナスに働きます。

中には、
実際にキャッシングをしていなくても、
その枠があるだけで、
「借り入れをしている」とみなす金融機関もあります。

 

この考え方は、

キャッシング枠がある
  ↓
いつでもお金を借りれる状況
  ↓
年収に対しての返済割合が高くなる可能性がある
  ↓
住宅ローンよりもキャシングの返済が優先されるかもしれない
  ↓
将来に返済が滞るリスクが高くなる

という判断です。

一般的に、
住宅ローンの金利よりも、キャッシングの金利の方が高いので、
住宅ローンの返済が後回しにされる可能性が高いのです。

 

金融機関から見ると
住宅ローンは最長35年にも及ぶ超長期の貸付なので、
予想されるリスクは少しでも減らしたいのが本音でしょう。

 

 

 

不要なキャッシング枠やクレジットカードは解約したほうが無難

 

私は住宅ローンの借入の際に、
クレジットカードの解約はしませんでした。

 

元々それほどカードを使う事も多くはありませんでしたし、
クレジットカードの枚数も3枚程度でした。

それ以上に単純に面倒だったからです。

 

ただし、
最初数回住宅ローン審査に落ちたときは、
クレジットカードの解約も検討しました。

 

 

また、
私は経験しませんでしたが、
中には住宅ローンの融資条件でクレジットカードの解約を
求められるケースもあるようです。

その位重要視する金融機関もあるという事ですね。

 

これまで見てきた理由から、
不要なキャッシング枠やクレジットカードは解約した方が良いです。

 

改めて調べてみると、
キャッシュカードの解約ではなく、
キャッシング枠の解約は、
電話一本で簡単に出来るようなので、

クレジットカードは残したいんだけど。。。。

という方はキャッシング枠のみ解約してしまっても良いですね。

 

 

 

最後に

 

クレジットカードの解約はなかなか面倒で、
重い腰があがりません。

 

ただ、
クレジットカードの整理をすることは、
与信枠を大きくすること以上に良いことがあります。

それは、
家計を見直すきっかけになることです。

 

家を買うということは、
十年単位で計画を立てて管理をしていく必要があります。

それも数年先の経済状況ですら読みにくいこの時代に!

 

本当は家計の見直しは頻繁にやったほうが良いのでしょうが、
実際問題何かきっかけが無いと中々出来るものではありません。

そこで、クレジットカードの整理がきっかけになるのです。

 

クレジットカードの整理をきっかけに、
家計の見直しをして、
不要な出費を抑え、
実際にいくらまでなら住居費を支払えるのか
という確認が出来ます。

 

そこから逆算して家の予算を見直すも良し、
理想の家を買うにはあとどれ位収入が必要かを確認するでも良し、
毎月の貯蓄を計算して将来に備えるでも良し、

と、次の段階に進む準備を整える事が出来ます。

 

 

 

あなたが心から
「この選択をして良かった」
と思える未来を迎えることを心から願っています。