スポンサーリンク

車は住宅ローン審査が不利になる?我が家はこう対策をした!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事は約 10 分で読めます。

こんにちは、桐生(きりゅう)です。

 

皆さんは車をお持ちですか?

地域によっては、
車がない生活は考えられず、
生活必需品であることは多いですよね。

 

私が住んでいる地域は、
生活必需品とまでは言いませんが、
所有している人は多くいます。

 

 

住宅購入後や賃貸にずっと住むのであれば良いのですが、
これから家を買おうという場合、

住宅ローン審査において、
車を保有していると何かしらの影響がある可能性があります。

 

 

今回は、
車の保有が住宅ローン審査に及ぼす影響と、
我が家の実際の対策をお伝えします。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

車を持っていると住宅ローン審査に不利?

 

車を持っていること自体は、
住宅ローン審査に不利ではありません。

車の購入時のローンが残っていることが不利なのです。

 

こちらの記事(https://buy-myhome.jp/caching-frame/
でも解説したとおり、
車のローンが残っていると、
与信に影響があります。

 

与信に影響があると、
それだけ借りられる額が少なくなります。

 

 

仮に、
住宅ローンの借入希望額を3,500万円にしていた場合、
車のローン残高が150万円だったとしても、
審査次第では3,200万円までしか借入が認められず、
否認されることもありえます。

 

実際には、
否認という結果しか通知されないので、
100%車のローンの影響とは言えませんが、
少なからず影響を与えている事は確かです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

本当に車は必要ですか?

 

ところで、
あなたの生活に本当に車は必要なのでしょうか?

 

私の住んでいる地域は、
JRも私鉄もありスーパーや商店街、飲食店も充実しています。
自転車や徒歩でも十分に生活するのに苦はありません。

 

その一方で、
東京都内のような大都市ではないので、
車を所有している人は多い印象です。

 

平日休日関係なく、
家やマンションの駐車場には車が停まっています。

 

あまり乗っていないのであれば、
正直もったいないなぁと思います。

 

 

家と車を持っていると、
家のローンと車のローン、
その両方を払い続ける必要があります。

 

使おうが使うまいが、
ローンは二重に支払う必要があります。

 

先程説明したとおり、
住宅ローン審査にも不利に働く可能性があります。

 

 

また、車はローン以外にも毎月毎年の維持費がかかります。

ガソリン代、自動車税、車両保険、修理費、車検費、駐車場代など。

 

仮に、最も安い軽自動車の場合の年間の維持費を見てみましょう。

 

自動車税 : 10,800円
重量税  : 2,500円(2年間で 5,000円)
車検費用 : 25,000円(2年間で50,000円)
自賠責保険: 12,535円(2年間で25,070円)
任意保険 : 50,000円
駐車場代 :180,000円(月1.5万円として換算)
燃料費  : 70,000円(※)
———————————————————–
合計   :350、835円

 

となりました。
※年間1万km走行、ガソリン単価140円、燃費20km/lとして試算

 

1ヶ月平均約3万円、
駐車場代のかからない戸建てだとしても約1.5万円です。

 

最も少なく見積もるとこの程度です。
車種を大きくしたり、
ガソリン代が上がったり、
故障があればこの金額は上がっていきます。

 

 

これだけの金額を安いと取るか高いと取るかは、
それぞれの家庭次第だと思います。

毎日車に乗るようであれば必要経費でしょうし、
月に1回2回程度乗るようであれば不要に思えるでしょう。

 

仮に、
この1.5万円のうち1万円分を住宅ローンに回すとしたら、
350万円程多く借り入れする事が出来ます。
(金利1.05%、35年固定金利で計算)

 

住宅ローンを通すため、
また生活費を抑えるため、
車を買わないもしくは手放すというのも選択肢の一つです。

 

 

 

我が家は車問題をこう解決した!

 

我が家は「車を買わない」選択肢を取りました。

 

住宅ローン審査への対策としては、
「持たない事」
以外に確実な方法はありません。

 

  • 住宅ローン審査では借入やローンが問題になる
  • 月々の生活費を減らし、その分を住宅ローンの返済に充てることが出来る
  • 今の生活に車は必須ではない

 

という3点からも、
このような決断をしました。

 

 

ただし、
ただ車を買わないというだけでなく、
家をより駅に近い場所・便利な場所にしたのです。

 

家を買おうと決めた当初は、
今の家とは別の物件を契約し話を進めていました。

 

 

家は2階建ての戸建てで南側に4m道路で日当たり良好、
価格も相場より若干安めという
建物自体はかなり理想的な物件です。

 

ただし、
JRの駅まではバスで15分、
私鉄の駅までは徒歩で15分の立地でした。

電動自転車2台ある我が家でも、
自動車の購入も必要かと考えました。

 

 

しかし、
その物件を契約を解除し、
別の300万円も高い物件を契約しました。
それに加えて違約金150万円も支払いました。

 

それでも、今の家を選んだのは、
JRの駅と私鉄の駅のほぼ中間にあり、
どちらも徒歩10分程で、
非常に便利な場所だったからです。

 

そして、
子供の保育園や私の職場にも近く、
日々の生活を考えた時にとても楽なのです。

 

要は、立地を優先したのです。

 

 

この差額の450万円は、
車を買った以上に、
便利を買ったと思って生活をしています。

 

そして、
車の代わりに電動自転車を2台にしました。
どちらの自転車にも前後に子供を乗せられるタイプです。

 

こうする事により、
どちらに子供を乗せても、
荷物が多少多くても、
問題なく生活が出来ています。

 

 

 

最後に

 

解決したと思っている車問題ですが、

 

実は最近妻が

「やっぱり車欲しいな~」

と言い始めています。(自分は運転しないのに)

 

 

子供が小学生になり、
電動とはいえ、親の自転車に乗せて移動する事に、
限界を感じて来ているのが主な理由です。

 

近所なら子ども自身に自転車に乗ってもらいますが、
15分以上かかるような少し遠くとなると、
確かに考えてしまいますね。

そこでやっぱり車があると良いなという事です。

 

その気持は分かるし、
私自身、車の運転そのものは嫌いではないので、
好きな時に好きな車を自由に乗れるのは嬉しいです。

やっぱりあると便利ですしね。

 

しかし、
年間の維持費を考えると・・・・

もう少しの間は、
ごまかしつつ自転車生活を頑張りたいと思います。

 

 

 

あなたが心から
「この選択をして良かった」
と思える未来を迎えることを心から願っています。