スポンサーリンク

家の購入は小学校入学まで?タイミング別の特徴を紹介!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事は約 9 分で読めます。

こんにちは、桐生(きりゅう)です。

 

家を買おうと思っていると、
「家を買うなら小学校入学前!」
という情報が多く出てきます。

これは必ずしも正しいのでしょうか?

 

確かにメリットは大きいですが、
私は全ての人にとって最善とは言えないと思っています。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最善は小学校入学まで?

 

実際、
我が家も長子が小学校入学前のタイミングで家を購入しました。

なぜこのタイミングが良いとされているのか、
まずはその理由を考えてみましょう。

 

かなり早いタイミング、
例えば夫婦二人だけという状態での住宅購入だと、
最終的に家族が何人になるのか分からないので、
どんな家を買うべきなのか判断に困る事があります。

 

逆に長子が小学校入学後だと、
学区問題があり、
家を探す範囲が極端に狭くなるという事もあります。

 

 

それに対して、
小学校入学前というのは、

  • ほぼ家族構成が確定する。
  • ある程度遠くにまで引っ越しが出来る最後の機会

という丁度いいタイミングではあります。

 

注意しなければいけないのは、
必ずしもこの時に家を買わなくてはならない、のでは無い!
という事です。

 

 

こういう家がほしいという理想があり、
タイミング良く物件があり、
頭金も揃っている

という事はあまり無いと思ってください。

 

何かしら問題がある中で、
決断をしなければいけません。

 

それではどうすれば良いのでしょうか。

自分がどんな状況なのかを考え、
それぞれのメリットデメリットを把握する事が大切です。

 

 

スポンサーリンク

タイミング別のメリット・デメリット

 

◎長子が生まれるまで
◎長子が幼稚園又は保育園に入園する前
◎長子が小学校入学まで
◎長子が小学校在学中
◎長子が中学校在学中
◎長子が中学校卒業以降

 

この6つのパターンで、
それぞれの住宅購入のメリットデメリットを考えてみましょう

 

 

◎長子が生まれるまで

□メリット
・夫婦二人なので、転居などある程度自由な場所選びが出来る

■デメリット
・家族構成が最終的にどうなるか分からない為、
どの程度の広さの家が必要か分からない。

 

 

◎長子が幼稚園又は保育園に入園する前

□メリット
・転居などある程度自由な場所選びが出来る
・第一子がいることでより具体的に、
「どんな生活を送りたいか」を想像できる

■デメリット
・今後、家族が増える可能性がある
・小さな子どもがいる引っ越しは何かと大変

 

 

◎長子が小学校入学まで

□メリット
・家族構成がある程度固まり、
家族の希望に沿った家探しがしやすい
・ある程度広い範囲での家探しが出来る
・平日に引っ越しをする場合子供を預ける場所がある。

■デメリット
・幼稚園や保育園、習い事によって家探しの地域が限定される

 

 

◎長子が小学校在学中

□メリット
・比較的お金がかからない時期なので、
頭金やローン返済に余裕が持てる
・子供が自分の事をある程度出来るようになり引越しの手間が減る

■デメリット
・公立の場合、学区に縛られ物件数がかなり限られる

 

 

◎長子が中学校在学中

□メリット
・小学校に比べ学区が広いことが多い為、家探しの幅が広がる
・「子供を含めた家族」ではなく「夫婦の終の棲家」という考えで
家探しも出来るようになる
・子供に自分の事をやらせることにより引越しの手間が減る。

■デメリット
・高校~大学受験でお金が必要になる時期なので、
頭金を用意しにくい
・多くの人が超長期のローンが組みにくくなるので、
ローン返済額が高くなりがち

 

 

◎長子が中学校卒業以降

□メリット
・「子供を含めた家族」ではなく「夫婦の終の棲家」という考えで
家探しも出来るようになる。

■デメリット
・大学受験でお金が必要になる時期なので、頭金を用意しにくい
・多くの人が超長期のローンが組みにくくなるので、
ローン返済額が高くなりがち

 

 

簡単にではありますが
このようなメリットデメリットが考えられます。

あくまでも一例ですので、
これにご自身の状況を加味されると良いです。

 

それぞれのタイミングでの特徴を捉えた上で、
「次はこういうフェーズに移るからこんな準備をしておくと良いな」
という事を考えておくのです。
そして良い物件と出会えた時に、
行動に移せる準備を整えておきましょう。

 

 

 

消費税の増税は気にしない!

 

住宅購入のタイミングとしてもう一つ気になることがありますよね。

消費税の増税です。

 

2019年10月に、
8%から10%に増税されましたが、
住宅も例外ではありません。

 

中には消費税が増税されて、家を買うタイミングを逃した!
そう思われている方もいるかもしれません。
そのお気持ちは分からないではありませんが、大丈夫です!

 

「家は人生で最も高い買い物」と言われる位ですので、
その影響も非常に大きいです。

しかし、
同時に10%に増税後の方が優遇された制度も多くあります。

  • すまい給付金の増額
  • 住宅ローン控除の期間延長

代表的なものにこの2つがあります。

 

 

販売価格のうち、
建物の比率が大きいマンションは厳しいかもしれませんが、
土地の比率が大きい戸建てであれば、

給付金や控除額の方が大きくなる可能性があります!

 

 

そもそも、
これから何十年と住む家を、
焦って買うほうが非常に危険ですので、

まずはじっくりと準備をすることです!

 

 

 

最後に

 

万人に共通の家を買うベストなタイミングは、
残念ながらありません。

 

それは、
皆さんそれぞれに抱えている事情が違いますから当然です。

自分が思い描いていた未来と違うなんてこともザラですしね。

 

では、
どのようにして人生最大級の決断をすべきでしょうか。

 

これはある程度の期間を持って、

どんな家に住みたいか、
どんな暮らしがしたいのか、
その為には今をどう生活するか

という事を、家族同士で話し合っておくと良いです。

 

出来る準備はやりつつ、
良い!と思った時にすぐに動けるようにしておく事です。

 

実際には条件の全てを満たすことは難しいかもしれません。
何かを諦める必要もあると思います。

 

それでも、
こういったお話をしていくと、
家族として向く方向が同じになっていくので良いですよ。

 

 

 

あなたが心から
「この選択をして良かった」
と思える未来を迎えることを心から願っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
住む場所の選び方
桐生をフォローする
~バイマイホーム~ 家を買うとは家族の帰る場所をつくること